丹頂ガス

たんちょう隊は、丹頂ガスと大興電気工事が提供する新サービスです。

お問い合わせ TEL:059-325-3000

住まいの困りごと解決隊  たんちょう隊住まいの困りごと解決隊  たんちょう隊

ブログ Blog

ガスコンロの火が点かない!

date_range2022/9/01

皆様こんにちは!三重県四日市市地域を守る

丹頂ガス[たんちょう隊]広報部隊の山田龍です。

お客様からのいただくお問い合わせの中で、特に多いものの一つが「ガスコンロの火が点かない」です。食事の時間がずれたり、献立を変更せざるを得なくなるのはとても困りますよね。
自分でコンロを触って修理を試みる際に「思わぬタイミングで火が点いてしまうのではないか、ガスが漏れてしまうことはないのか」と不安に思われるのも無理はありません。

そこで今日は、前回の「お湯が出ない」に引き続き、お客様ご自身で実践していただける「火が点かない」場合の対処法をお教えいたします。

①ガスコックは開いているか。

テーブルコンロをお使いの方に多いのですが、お使いいただく際に毎回ガスコックを開け閉めされる方がいらっしゃいます。そのまま開け忘れてしまい、次にご家族が使用されるときに「火が点かない!」とお電話されるパターンが多々あります。まずはガスコックをご確認ください。

②ガスメーターは遮断していないか。

火が点かない上に給湯器からお湯が出ない。となるとガスメーターが遮断している可能性があります。その際には外のガスメーターをご確認いただき、復帰ボタンを押していただくと元通りご使用いただけます。
ガスメーターの復帰に関してはこちらの記事をご覧ください。

③バーナーキャップがずれていないか

お鍋をぶつけてしまったり、お掃除の際に戻し損ねたりして、バーナーキャップがずれてはまっていると点火がうまくいかないことがございます。奥までしっかりはめ込まれているかご確認ください。

④電池は切れていないか。

多くのガスコンロは電池で火花を飛ばし、ガスに引火させています。そのため電池が消耗していると火が点きにくくなります。「チッチッチッチ」という音がゆっくりになってきたら電池交換のサインです。
交換される場合には「アルカリ電池」正しい向きでお取り付けください。コンロは消費電圧が高いため、懐中電灯などでご使用いただけてもコンロでは火花が飛ばないことがございます。満タンの電池をお使いください。
電池の場所はコンロによって異なるため、取扱説明書をご覧ください。


電気ガス水道工事も「スピード対応&地域密着ナンバーワン」の丹頂ガス「たんちょう隊」にぜひご相談ください。プロパン都市ガスに関わらず、弊社とお取引していないお客様からのご相談も承りますので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

給湯器、湯沸器、ガスコンロ、換気扇、レンジフードなどの住宅設備の修理、取付、交換は「地域密着、スピード対応ナンバーワン」の丹頂ガスへどうぞご連絡くださいませ!そのほか、水が漏れる、電気がつかない、蓄電池が欲しい、電気ガス水道のライフラインのお困りごとはお任せください!

お見積もり、お電話での相談は

お問い合わせ TEL:0120-411-588
expand_less