丹頂ガス

たんちょう隊は、丹頂ガスと大興電気工事が提供する新サービスです。

お問い合わせ TEL:059-325-3000

住まいの困りごと解決隊  たんちょう隊住まいの困りごと解決隊  たんちょう隊

  • HOME
  • ブログ
  • 水は賞味期限を越えても大丈夫!?

ブログ Blog

水は賞味期限を越えても大丈夫!?

date_range2022/7/05

皆様こんにちは!三重県四日市市地域を守る

丹頂ガス[たんちょう隊]広報部隊の山田龍です。

生きていくで欠かすことはできない「
健康な成人は毎日、体重1キロにつき約35 mlのが必要です。 これは科学団体の一般的なガイドラインに基づく最低限の量です。体重50キロの人は1.7リットル、60キロであれば2.1リットル、70キロでは2.4リットル、80キロなら2.8リットル必要ということになります。

多めに見積もっておくに越したことはありませんが「大人1人1日、最低2リットルを1本」と覚えておけば、間違いなさそうです。
以前のブログで記述しました通り、四日市市は支援物資が届くのが3日以上かかると予想されています。最低の3日分用意するとしても、1人3本。4人家族の場合は12本用意しておく必要があります。

しかし一般的な水の賞味期限は2~3年となっており、ローリングストック(普段から少し多めに食材、加工品を買っておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していくことで、常に一定量の食料を家に備蓄しておく方法)において、重たい水というのは大きな課題になります。

しかし、驚くべきことに「水は20年は飲んでも大丈夫。」と防災セミナーの講師、佐藤先生は仰います。(佐藤先生について詳しくは、先日のブログをご覧ください。)
理由をお伺いすると佐藤先生はとても面白いことを教えていただきました。

なぜ企業が2~3年を有効期限と定めているのかというと、「ペットボトルには小さな穴が空いているから」。
目には見えないような小さな穴から徐々に中の水が蒸発していき、2年を迎える頃には、2リットルの水がペットボトルの中で1.996リットルまで減ってしまう。こうなってしまっては「内容量2リットル」と明記するわけにはいかず、商品価値がなくなってしまうということで、期限を2年と設けている。とご説明をいただきました。

余談ですが、鶏卵も本当は「産卵から57日」は食べられると言われています。日本では生で食べる文化があるため、短く2週間と定められているそうです。さすがは衛生大国「日本」。

皆様の災害備蓄のご参考になれれば幸いです。
これからも丹頂ガスは「地域防災」をモットーに、皆様のお役立ち情報を発信してまいります。

電気ガス水道工事も「スピード対応&地域密着ナンバーワン」の丹頂ガス「たんちょう隊」にぜひご相談ください。プロパン都市ガスに関わらず、弊社とお取引していないお客様からのご相談も承りますので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

給湯器、湯沸器、ガスコンロ、換気扇、レンジフードなどの住宅設備の修理、取付、交換は「地域密着、スピード対応ナンバーワン」の丹頂ガスへどうぞご連絡くださいませ!そのほか、水が漏れる、電気がつかない、蓄電池が欲しい、電気ガス水道のライフラインのお困りごとはお任せください!

お見積もり、お電話での相談は

お問い合わせ TEL:0120-411-588
expand_less