丹頂ガス

たんちょう隊は、丹頂ガスと大興電気工事が提供する新サービスです。

お問い合わせ TEL:059-325-3000

住まいの困りごと解決隊  たんちょう隊住まいの困りごと解決隊  たんちょう隊

  • HOME
  • ブログ
  • たんちょう隊は「地域密着&スピード対応」の専門②

ブログ Blog

たんちょう隊は「地域密着&スピード対応」の専門②

date_range2022/6/13

先日のブログでは「たんちょう隊」のスピード対応の原点を記述いたしました。
今日は「地域密着」についてお話させていただきます。

以前の四日市市のY様のお話に付随する、丹頂ガスの創立者である丹羽一郎氏のお話を現社長(丹羽孝直社長)からお聞かせいただきました。
今日はその心温まるエピソードをみなさまにお届けしたいと思います。

時はさかのぼり、現社長(丹羽孝直社長)が幼少期のお話です。
現社長の祖父に当たる初代社長が丹頂ガス(丹羽プロパン)を立ち上げたというお話は周知の事実ですが、創立当時の社員数はとても少なく、初代社長自ら配送業務を行っていたと聞きます。
現社長は配送車の横に乗り、道中でダッシュボードの中に入っている「さきいか」をつまみ食いすることが楽しみでした。

初代社長「おい!孝直(現社長) さきいか全部食べるなよ!」
現社長 「おじいちゃんの分もちゃんと残しとくから!」
初代社長「あほか!これはわしがたべるのではなく、お客さんの家で使うんや」
現社長 「え~ おじいちゃん、さきいかを何に使うの?」
初代社長「お客さんの家で犬が吠えると仕事にならん。だからこの【さきいか】を犬に与えるんや」

そういって初代社長はお客様の犬が「さきいか」に夢中になっているうちにガスボンベを交換していきました。その後、初代社長は「こうやって工夫して仕事せんと、全部のお客さんの家を回れへんからな。一軒でもガスがないとそのお客さんは今晩お風呂に入れへんでな。」と言いました。

それを聞いた現社長は、その日以来「今日も家にガスがあるから温かいお風呂に入れるんだな」とお風呂に入るたびに思うようになったそうです。

現社長はよく「お客様の当たり前の生活を守ることが丹頂ガスの使命や」と仰います。その言葉の裏にはこのようなエピソードがあったのです。

三代目 丹羽孝直社長

「なるほど人には歴史があるな」と思いました。その代々受け継がれる想いの火をプロパンガスで灯し続ける企業であり続けなければならないと新入社員ながらに感じました。

ガス水道電気工事も「地域密着スピード対応ナンバーワン」の丹頂ガス「たんちょう隊」にぜひご相談ください。プロパン、都市ガスに関わらず、弊社とお取引していないお客様からのご相談も承りますので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

給湯器、湯沸器、ガスコンロ、換気扇、レンジフードなどの住宅設備の修理、取付、交換は「地域密着、スピード対応ナンバーワン」の丹頂ガスへどうぞご連絡くださいませ!そのほか、水が漏れる、電気がつかない、蓄電池が欲しいなどガス水道電気のライフラインのお困りごとはお任せください!

お見積もり、お電話での相談は

お問い合わせ TEL:0120-411-588
expand_less