丹頂ガス

たんちょう隊は、丹頂ガスと大興電気工事が提供する新サービスです。

お問い合わせ TEL:059-325-3000

住まいの困りごと解決隊  たんちょう隊住まいの困りごと解決隊  たんちょう隊

  • HOME
  • ブログ
  • いきなり、お湯が出なくなることは「しかたないこと」ではない!

ブログ Blog

いきなり、お湯が出なくなることは「しかたないこと」ではない!

date_range2022/3/23

皆様こんにちは!三重県四日市市で地域を守る丹頂ガス「たんちょう隊」広報部隊の山田龍です。

突然ですが皆さまは、「シャワーを浴びているときに突然お湯が出なくなった!」という経験ございませんか?しかし、お湯が冷たくなった後に時間が経って適温に戻ってくるので「まぁそんなこともあるだろう」とその場をやり過ごしてしまいがちです。それを毎日繰り返すことでこの現象に慣れてしまい、冷たくなることが当たり前になってきます。

実はそれ、「給湯器の寿命のサインを見逃している可能性がある」ことにお気づきですか?

この現象を「冷水サンドイッチ現象」と言います。原因は至ってシンプルです。給湯器は冷水を温めてお湯を作っています。途中でシャワーを止めると同時に給湯器も止まります。「お湯」は管内に残り、この残った「お湯」が次のシャワーから出てくる最初の「お湯」です。

再度、蛇口を開けたときに給湯器が再起動します。その時、再起動から冷水が温めるまでには多少の時間がかかるため、その間は温めが「間に合わなかった水」がシャワーから出てきます。これらの残った「お湯」と「間に合わなかった水」を出し切った後に、給湯器から作られた「新しいお湯」が出てきます。

給湯器の寿命は10年と言われており、年数が経過するとこのサンドイッチ現象の「間に合わない水」の時間が長くなってきます。それと併発して様々なトラブルも起こりやすくなってきます。

給湯器が完全にダメになる前に「スピード対応&地域密着ナンバーワン」の丹頂ガス「たんちょう隊」にぜひご相談ください。プロパン都市ガスに関わらず、弊社とお取引していないお客様からのご相談も承りますので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

給湯器、湯沸器、ガスコンロ、換気扇、レンジフードなどの住宅設備の修理、取付、交換は「地域密着、スピード対応ナンバーワン」の丹頂ガスへどうぞご連絡くださいませ!そのほか、水が漏れる、電気がつかない、蓄電池が欲しいなど電気、ガス、水道のライフラインのお困りごとはお任せください!

お見積もり、お電話での相談は

お問い合わせ TEL:0120-411-588
expand_less